【ネフローゼ症候群】自宅で尿蛋白チェック/尿検査用試験紙『ウリエース』と『アルブスティックス』を購入しました

尿蛋白検査紙 ネフローゼ/初発治療

ネフローゼ症候群では、寛解してからも自宅で尿検査を行って尿蛋白が出ていないかを定期的に(我が家の場合は毎日)チェックする必要があります。

そこで、病院から紹介されて購入したものがこちら。それぞれの特徴や使った感想などをまとめていきたいと思います。

新ウリエースBT

尿蛋白と尿糖の2種類を判定することができるもので、試験紙を尿につけて規定の時間で色調表と色を比較します。

尿蛋白は10秒、尿糖は30秒

マイウリエースT

尿蛋白のみ1種類のタイプもあり、価格が少し安いのでネフローゼ症候群で確認する必要がある尿蛋白だけであればこちらで十分

ウリエースの特徴
  • 一般の薬局やAmazonなどの通販で購入することができる
  • 尿蛋白の判定は最大(3+)まで
  • 使用した試験紙はトイレに流すことができる

また、インターネット販売では取り扱っていないけど、一部の調剤薬局などで購入できる試験紙もあります。

アルブスティックス

腎臓専門外来の先生から教えていただいた尿蛋白専用の試験紙。医療関係施設が対象のようで売っている薬局を見つけるのが難しいかもしれませんが、店舗によってはお取り寄せできる場合もあります。

アルブスティックスの特徴
  • 100枚入りで尿蛋白のみ判定なのでウリエースより少し割安
  • 判定時間は60秒と長め
  • 尿蛋白(4+)まで判定することができる
  • 使用した試験紙はトイレに流せない

ウロペーパー

最初に入院した病院で使っていた試験紙で、ウリエースと一緒に紹介されたのがこちら。判定項目の種類がたくさんあり項目数に比例して価格も変わってきます。

取り扱いで注意する点

詳細は説明書に書いてありますがどの試験紙にも共通する主なものとして、

  • 試験紙は湿気に弱いので、容器のフタは開けたらすぐに閉めて密閉する
  • 判定時間を守る(一定時間を過ぎると色調が変わり判定できなくなります)

※メーカーや種類によって精度に違いはないと医師から聞いています。

使用した感想

尿蛋白に反応がある場合、判定時間を待たずに尿をつけたその瞬間に試験紙の色が濃い緑色に変化しました。

次男は再発するとあっという間に(3+)を超えてしまうので、(4+)まで判定できるアルブスティックスの方が使い勝手が良いです。

また、ウリエースだと陰性なのか?(+-)なのか?微妙な色の違いで迷うときがあるので、アルブスティックスの方が色調表との誤差が少なく判定しやすいような気がします。

なので我が家ではアルブスティックスを愛用中♪

毎朝『蛋白がでませんように!!』と願いながら、試験紙を見るのがいちばん緊張してヒヤヒヤする瞬間……陰性ならガッツポーズで1日を穏やかに過ごすことができます(๑•̀ㅁ•́๑)

裏技!?半分に切っても使える

入院して医師から説明があったとき、試験紙を半分に切っても使えることを聞きました。

ということでさっそくやってみた結果、試験紙の部分が細くなり面積が狭くなりますが判定することはできました。

少しでも蛋白の反応があった場合は色調の変化を比べにくいと思ったのでやはりそのまま使うのがベストかなと思います。

陰性の黄色なら半分でも問題なく判定できます。一生使うものなのでコスト削減になりますね♪

定期的に尿検査を続けましょう

朝、起きたら尿検査!

これらの尿検査で再発をいち早く発見し、浮腫が軽いうちに治療を始められるようにすることが大事

毎日の尿検査は命を守ることに繋がるので、ちょっと面倒でも続けていかなければと思います。

コメント