いらっしゃいませ(*・∀・*)
発達障害と呼ばれる特性のある息子達の子育て中。
さらに2020年5月、6歳次男が小児ネフローゼ症候群(難病)を発症し日常が一変しました。
神様はいないと思ったけど元気なときはわりと平和。闘病記録を中心に日々徒然を綴ります。

今までの経過はこちら >>

【再発入院9日目】尿蛋白(-)3日目/ステロイド緑内障、眼圧40mmHgまで上昇で処方できる最後の薬アイファガンを追加!

2020年7月1日 (水)

寛解になりました!

尿蛋白は陰性3日目、

無事に寛解となりました!

本来ならここで退院できる予定だったのですが、最も深刻なのはやはり眼圧上昇で…

眼圧測定/最後の砦

今日の眼圧測定結果

左 30/右 40(mmHg)

高いけど右が特に高い!(T_T)

どんなに視野が欠損していても、この年齢では視野検査が難しく検査不能。

もう泣きたい。

お願いなので下がってください。

処方できるという最後の目薬、

アイファガン追加になりました。

眼圧を下げるために使うお薬

  1. ダイアモックス(飲み薬)
  2. トラバタンズ(目薬)
  3. カルテオロール(目薬)
  4. トルソプト(目薬)
  5. アイファガン(目薬)

既に五種類、もう限界まで使っているのが分かります。

明日からプレドニン減量

現在:35mg/連日服用(1日3回)

今後:35mg/隔日服用(1日1回)

1日3回から1回への減量。

ここでの眼圧低下に願いを掛けるしかありません。どうか下がりますように…….!!!!!

コメント