【再発入院2日目】採血あり/下痢、浮腫があるものの脱水回復。また点滴が漏れてしまい刺し直しに…

絶飲絶食だった入院初日

再発して5日目で腹痛、20回を超えた怒涛の嘔吐で入院となってしまった昨日。(初めて自分の運転で、嘔吐が止まらず動けない次男を病院に連れて行くのに無我夢中だった……)

さっそく治療の効果があり、当日17時頃のエコー検査で、『入院してきたときは脱水でぺしゃんこになっていた胸の血管に水分が戻ってきている』とのことで先生2人が喜んでいました。

19時頃には次男が起き上がることができておなかすいたよ~と泣きながらずっと訴えていたけど絶飲絶食なのでかわいそうでした。なのに『ママはご飯食べていいよ』って言ってくれて優しさにホロッと(涙)

入院2日目の検査結果/様子

2020年6月24日 (水)

結果基準値
尿蛋白(4+)(-)
総蛋白4.46.7~8.3g/dL
アルブミン2.43.9~4.9g/dL

まぶたの浮腫、おへその浮腫あり。

下痢便あり。

元気あり。

9:00 朝の回診

朝の食事はまだなかったけど、嘔吐が落ち着いたので先生から食べやすいものはあげてOKの許可がでてヨーグルトをペロリと完食しました。その後も嘔吐なし、良かった^^

10:00 点滴

プレドニンダイアモックス胃薬が点滴で入ります。

12:00 昼食(食事再開)

久しぶりの食事は主食のごはんを8割ほど食べることができ、午後から栄養補給の点滴が半分の量になりました。

また点滴が漏れてしまう

夕方、看護師さんが次男の腕を見て『テープまわりがぷくぷくしているのが気になる。片手だけなので漏れている可能性があるけど、点滴の落ちはすごくいい。(漏れていると落ちが良くないそう)』とのことで、先生にも電話で確認をとり様子をみてもらうことになりました。

次のお薬の予定が22時だけど、大切なお薬が入らないとまずいので20時にしましょうと時間変更。そして20時、次男の腕は夕方よりパンパンになりやはり漏れていることが確定で入れ直しになってしまいました。

度重なる入院と注射で慣れてきた次男は特に泣くわけでもなく座って処置を受けることができ無事に終了。『ゆっくり寝てね、おやすみ~!』と送り出され処置室を出ました。予定通りの22時では寝た次男を起こして針の差し直しになってしまったので柔軟な対応がありがたいなと思いました。

しかし、入院序盤でまた利き手の右手が使えなくなってしまった。

前回の入院2日目にも点滴が漏れてしまい、

ネフローゼの場合、血管から水分が漏れやすいというのを感じる出来事です...

コメント

タイトルとURLをコピーしました